読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン幼稚園

ベルリンでの日常と子育て

美術館めぐり

夫が転職前の有給消化で一ヶ月休みなので、Aちゃんが幼稚園に行っている平日に色々ギャラリーやら美術館に行っています。

 

先週の木曜日にはDaliの美術館、今週は新しくPotsdamにオープンしたMuseum Berbeliniへ。印象派のかなり規模の大きい展覧会。

 

どうもこの頃加齢のせいなのか、刺激が強いものを受け付けなくなっています。元々現代美術はあんまり好きじゃないんだけど、Daliですらダメなことを確認。カリカチュアされた局部とか見たくありません・・・。気持ち悪いだけで面白いと全然思えない。逆に、昔は綺麗なだけでつまんないと思っていた印象派の絵にやたら感動。いつまでも綺麗な色の洪水に浸っていたい・・・。

 

この頃感動とか、新しい物への好奇心とかが薄れているのをとみに感じる。昔はいろんな知らないところに行ったり見たりするとワクワクしたのに、今はすぐ「あ、こんなの見たことあるわー、知っているわ―」と思ってしまいそれ以上の探究心がわかない・・・。やばいわ・・・。

 

 

U家族来ベルリン

大学時代の友人でウィーンに住んでいるUちゃん家族がベルリンを訪ねてくれました。

 

超タイミングの悪いことに、いつも健康なAちゃんが、生まれて初めての40度の発熱!2日何にも言わず寝込んでいました。

 

去年ウィーンに行ったとき、子供たちがとても仲良く遊んでたので、今回もたくさん遊べるのを楽しみにしてたので残念。。

 

パパが転職前の休暇中だったのが幸い。ちょっと元気になったとこで看病は任せ、1日目は私だけで会うことに。

 

はじめてBundestag上のレストランへ。バリバリ観光地だけど、美味しいし眺めは良いし、子供フレンドリーでとっても良かった!私と友達はおしゃべりに夢中。いつも悪いな、と思うんだけど、久しぶりなので旦那さんを蚊帳の外に置いての日本語マシンガントーク。。

f:id:kayoinberlin:20170214063253j:image

 

 

そのあとはなーんと、Uちゃんがチケットをプレゼントしてくれたので、超久しぶりにオペラに行けることに!Aちゃんが生まれて以来はじめて。。久しぶりのオペラハウスの雰囲気にワクワク。

f:id:kayoinberlin:20170213215907j:image

 

演目はホフマン物語。13年前にウィーンにUちゃんを訪ねて行った時の演目と偶然一緒。演習はかなり面白い感じのもので、おじさん合唱団がみんなマリーアントワネット風ドレスで出てきたり、、。

 

子育て楽しくて、夜に出かけられないのもそんなに別に苦ではなかったけど、たまにこういうとこ来るとやっぱり楽しい。Aちゃん、そろそろパパでも寝られるようになってくれないかなー。

 

2日目は、熱が下がったAちゃんと夫も合流してみんなで水族館、、なはずが、夫たちが気を使ってくれ、子供たちを水族館に連れて行ってくれたので、Uちゃんと私はショッピング!

 2年前くらいにできた、超オシャレで他では手に入らないものが売ってるとの触れ込みのショッピングセンター、Bikini Berlinへ。私も行くのはじめて。、、、って、閑古鳥が鳴いてるよ。。オシャレすぎて、買いたいものなし!見てるぶんには楽しいけど、、。お店が入ってないところもあったし、近いうちに潰れるかな。。動物園が見下ろせるカフェは素敵でした。だらだらと子供たちが美術館終わるまでおしゃべり。大学時代を思い出す〜。

 

Aちゃんはやっぱり病み上がりすぐすぎたのか、水族館終わったらぐったり。。次の日また発熱してしまいました。。

 

せっかく来てくれたのにあいにくの風邪でしっかり会えなかったのが心残りだけど、とっても楽しい日々でした。Uちゃん、また会える日を楽しみにしているよー。

 

 

 

 

 

中国旅行4上海

今回の旅行の締めは上海。2泊。

 

泊まったのはここ

金門大酒店

 f:id:kayoinberlin:20161216185753j:image

 

f:id:kayoinberlin:20161216185755j:image

1920年代にたてられた、西洋風の建物。バンドもそうだけど、ヨーロッパではここまで大きい建物あんまりないので、NYを思い出す。

 

上海の中心部は銀座みたい。ゴージャスな建物の裏にちっちゃい下町っぽい建物があるのも、銀座っぽいわ。。

f:id:kayoinberlin:20161207002757j:image

 

 

1日目はバンドと田子坊へ。

f:id:kayoinberlin:20161207002306j:image

 よく写真で見る風景だけど、すごい近未来SF感。

 

ガイドブックでみた、最上級のパシュミナのある店にいくも、高くて断念。中国もう本当全然安くないね!刺繍ものとかも欲しかったんだけど、吟味を重ねないと、、ってお値段。

 

田子坊はもともと住居だったところにアーティストがアトリエを開き、そこから発生したショッピング街らしい。迷路みたいで面白い。

 

f:id:kayoinberlin:20161207002702j:image

 

Aちゃん、なんと日本語で話しかけられて、写真を撮らせてくれって。ハーフはここでもやっぱり珍しいのね。。

 

全然安くないけど、旅行中なので、買い物熱を刺激されてスカート1枚購入。

 

夜は雑技団!
Aちゃん、これが初めての劇場体験。

f:id:kayoinberlin:20161216190641j:image

すごいねー、きれいだねー、と食いつくように見ていました。演目がぱっぱと変わるのも、幼児にはよかったかも。私もアクロバット大好きなので大満足。

 

2日目は連日の強行スケジュールがたたり、お腹を壊し始めたので、一箇所だけ。昔のフランス租界、東平路へ。まずは伝統工芸博物館へ。職人さんが作っているのを間近にみられる、って触れ込みだったのに、みんなスマホしかしてないよ😨 

 

そのあとは作家の家が生活した当時のまま観られる博物館へ。

f:id:kayoinberlin:20161207004913j:image

f:id:kayoinberlin:20161207005044j:image

外側はスペイン要塞風

昔の生活が垣間見られるこういう博物館大好き。

 

この後に寄ったカフェ、カプチーノ一杯700円くらいしてびっくり!物価ほんと東京高級店並み。しかも外国人専門なんてわけでは全然なく、おしゃれな地元人がたくさん。ほんとバブルの時の日本ぽい。

 

 

夜は義妹のご両親、お兄さん夫婦と食事へ。地元人一押しだけあって美味しかった〜。連日の中華で胃が荒れてて、それほど食べられなかったのが残念。

 

 今回中国旅行で印象に残ったのは、「中国人って今の日本人に比べてコミュニケーション能力ぜんぜん高いよね」ってこと。誰にでも物を聞くし、話しかけるし、助けるのも惜しまないけど、文句をいうのも躊躇しない、喧嘩も躊躇しない、つねに交渉・・・。東京みたいに一杯人はいるけど没交渉、ってのじゃなくて、いっぱいの人が皆いつもコミュニケーション取っている感じ。

そして経済がいいせいか、皆元気。内にこもってなくて、目が外を向いている感じ。

なんというか、昔ながらの社会のいいところと、経済成長した豊かさのいいところがうまい感じに共存している。これがまた10年するとすごく変わってくるとは思うけど、今旅行するのいい時なんじゃないかな、人情も残っているけど、貧乏じゃないからがつがつしてない。

 

そして、何よりよかったのは、義妹のガイド!ストレスフリーに外国人観光客があんまり行かないところにも行けました。買い物もぼられたりしないし。

 

中国、また色々行きたいな。

 

 

シュタイナー学校のクリスマスマーケット

土曜日は近くのシュタイナー学校のクリスマスマーケットへ。生徒や保護者が自分で作ったものを売ってるんだけど、これがレベルが高い!手作りのお人形とお洋服とか、クリスマスカードとか、お店で買うようなレベル。

 

シュタイナー学校は自然素材で、昔ながらのやり方でやる手作りや芸術に力を入れているので、学校に糸紡ぎ機とかがある、、、!

f:id:kayoinberlin:20161128014803j:image

高校一年生が、一学期かけて糸を紡いだり染色したりするらしい。

f:id:kayoinberlin:20161201085153j:image

いちごの葉っぱで染めた毛糸

 

これを高校一年生が一学期かけてやる必要があるかは疑問だけど、制作物を見ている分にはとっても素敵でした。

 

中国旅行3

蘇州2日目は水の街江蘇へ。

 

f:id:kayoinberlin:20161118005633j:image

ここも人がいっぱい、だけど街全体が観光地なのでそれほど気にならず過ごせた。

f:id:kayoinberlin:20161118005646j:image

あんまり観光客のいない路地もあったし。

f:id:kayoinberlin:20161119193942j:image

f:id:kayoinberlin:20161119194019j:image

 ここでお昼を食べたレストランでちょっと喧嘩になったんだけど、義妹と弟が戦ってくれたので、わたしはみているだけで良くてよかった。今回の中国旅行がとっても快適なのは、間違いなくこの義妹のおかげ。トラブルを自分で解決しなくてもいいのに、珍しいところに行けるのがとってもいい。

 

いろいろ美味しいものが道端で売っているのもいい。ドイツだと手軽に道端で食べれるものってホットドッグかケバブぐらいしかないもんね。。

 

ここのお土産やで切り絵を購入。こういう細かい手作業もの大好き。

f:id:kayoinberlin:20161125050848j:image

 

ヨーロッパと違って、見るものが新鮮なのがいい。久しぶりに観光を楽しいと感じました。

 

 

 

 

 

中国旅行2

遠出から帰ってきた後は蘇州とその周りを観光。

 

Aちゃんは旅行の途中から「いつまたYちゃんの家に行くのー」ばっかり。小さい子は、お家や公園で友達と遊ぶのが楽しくて、観光旅行はつまんないよね。。

 

街には電気バイクが溢れてる。これ静かでいいね。イタリアとかも導入すればいいのに。

 

初めて中国で地下鉄に乗った。入り口に空港にあるみたいな荷物検査があってびっくり。地下鉄は作りたてらしくとても綺麗。子供3人連れてのったら、みんなすぐ席を譲ってくれた。母いわく、老人が乗ってきても同じ感じらしい。子供と年寄りに優しいのいいね〜。

f:id:kayoinberlin:20161107145734j:image

 

f:id:kayoinberlin:20161110182036j:image 

美味しい飲茶。ここは高級レストランなのでテーブルにビニールは張ってなかった。

子供には野菜スティックが一番人気。。

f:id:kayoinberlin:20161031131537j:image

 

古い街並みが残るところに行ったものの、国慶節でものすごい人。

f:id:kayoinberlin:20161031134052j:image

f:id:kayoinberlin:20161031134148j:image

 あちらこちらに臭豆腐と鶏の足を売る店が。。食べなかったけど、みんな食べてたから美味しいんだろうなー。

 

かわいい服屋もいっぱい。旅行気分にのり、あきとわたし用にチャイナ服購入。

f:id:kayoinberlin:20161110182249j:image

 

 

 

 

 

中国旅行1

旅行

今中国は蘇州に来ています。日本帰国ついでに寄りました。

 
中国は7年ぶり2回目なんだけど、まずびっくりしたのはその発展ぶり。車は量も質もグンとアップ。前に来た時は高速のサービスエリアもコンクリートの打ちっぱなしで、トイレも汚いし、しょぼ、、って感じだったのが、今は日本と変わらない感じになってた。人の格好も格段に綺麗になった。パジャマの人は一人しか見なかったな。みんな化粧してるし。お金をかけて綺麗にしている感じ。日本のバブル風の人も多数。
 
 
さて、今回の旅行、まずは4泊5日で江西省の三清山と、「中国一綺麗な村々」という触れ込みの農村地帯へ。蘇州から500キロほどのところです。義妹が中国人なので、全部アレンジしてくれて、普通あんまりいけないところに行けるのでありがたい。
 
1日目は10時間延々ドライブ。10時くらいに出発して、ホテルに着いたのが夜8時前。子供達よく頑張った。ホテルはヒルトン!一泊680元。
f:id:kayoinberlin:20161013173423j:image
 
 
綺麗なロビーで走り回る子供達。中国人、子供に寛容でいいですね。ギャーギャー走り回っててもみんなニコニコ見てる。
f:id:kayoinberlin:20161013173243j:image
 
2日目はハイキング。三清山という、花崗岩でできた世界遺産の山にのぼります。
 
まずはケーブルカー。。
 f:id:kayoinberlin:20161014063709j:image
山登り開始!
f:id:kayoinberlin:20161014063824j:image 
中国の山道は上まで舗装されているのが普通らしい。
 
ハーフが珍しいらしく、Aちゃん、すれ違う人ほとんどすべてに顔を覗き込まれ、かわいいねー、中国人じゃないねー、目がおっきいねー、などと話しかけられ、写真まで勝手に撮られていきます。中国人、気軽に人に話しかけるね。
 Aちゃんはわからない言葉で話しかけられ、さわられ、写真まで撮られるのでかなり微妙そうです。
 
一人だとたぶん嫌になるところ、Yちゃんと2人なので競争したり遊んだりしながらサクサク登っていきます。
 
 途中雨になったりしながらも、景色はまあまあ見えたのでよかった。
f:id:kayoinberlin:20161014064255j:image
 
 
 
3日目は江蘇県、中国一綺麗な田園風景、らしい。
f:id:kayoinberlin:20161014064538j:image
 
 
古民家の二階で食事。中国はどこでもご飯が美味しくていい!ドイツの節約質素な食事に慣れた胃にしみます。
 
 f:id:kayoinberlin:20161014173321j:image
 
Aちゃんは慣れないせいか、ご飯しかほとんど食べない。。あと臭豆腐の匂いが苦手らしく、街の中ではくさい〜と顔をしかめてた。
 
街の全景
f:id:kayoinberlin:20161014173451j:image
 
江沢民の故郷にも。
f:id:kayoinberlin:20161014213952j:image
  3日目は古民家を使った民宿に宿泊
 
中庭で朝ごはん
f:id:kayoinberlin:20161020074454j:image
 
 
今日から国慶節、中国の連休が始まったので、観光地は激混み!
 
綺麗な村ですが、週末の竹下通り並みの混み方です。
f:id:kayoinberlin:20161020074539j:image
 
民宿のおじさんによれば、ここは投資家が村ごと買い取り、村人には新築の山の下の家を提供して全員移住させ、観光地にしたらしい。みんな喜んで移ったとか。まあそうだろうなー。山の上の古い家に住むのずいぶん大変だったろうし。センス良く綺麗な観光地になっていた。
f:id:kayoinberlin:20161022105026j:image
 観光客向けに手仕事をするおばさん。
 
村の後は付近を散歩。この辺りは菜の花が特産で、季節の時はとても綺麗+超混んでるらしい。
 
段々畑
 
f:id:kayoinberlin:20161022104712j:image
 
その夜は景徳鎮へ。
ちょうど若手作家による夜市をやっていて、かわいいカップを格安で買えた。
 
景徳鎮自体はいかにも中国の田舎の町、、って感じなんだけど、中心に陶器作家のギャラリーを中心にしたおしゃれエリアがある。周りとのあまりの落差にびっくり。
f:id:kayoinberlin:20161022105013j:image