読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン幼稚園

ベルリンでの日常と子育て

中国旅行1

旅行

今中国は蘇州に来ています。日本帰国ついでに寄りました。

 
中国は7年ぶり2回目なんだけど、まずびっくりしたのはその発展ぶり。車は量も質もグンとアップ。前に来た時は高速のサービスエリアもコンクリートの打ちっぱなしで、トイレも汚いし、しょぼ、、って感じだったのが、今は日本と変わらない感じになってた。人の格好も格段に綺麗になった。パジャマの人は一人しか見なかったな。みんな化粧してるし。お金をかけて綺麗にしている感じ。日本のバブル風の人も多数。
 
 
さて、今回の旅行、まずは4泊5日で江西省の三清山と、「中国一綺麗な村々」という触れ込みの農村地帯へ。蘇州から500キロほどのところです。義妹が中国人なので、全部アレンジしてくれて、普通あんまりいけないところに行けるのでありがたい。
 
1日目は10時間延々ドライブ。10時くらいに出発して、ホテルに着いたのが夜8時前。子供達よく頑張った。ホテルはヒルトン!一泊680元。
f:id:kayoinberlin:20161013173423j:image
 
 
綺麗なロビーで走り回る子供達。中国人、子供に寛容でいいですね。ギャーギャー走り回っててもみんなニコニコ見てる。
f:id:kayoinberlin:20161013173243j:image
 
2日目はハイキング。三清山という、花崗岩でできた世界遺産の山にのぼります。
 
まずはケーブルカー。。
 f:id:kayoinberlin:20161014063709j:image
山登り開始!
f:id:kayoinberlin:20161014063824j:image 
中国の山道は上まで舗装されているのが普通らしい。
 
ハーフが珍しいらしく、Aちゃん、すれ違う人ほとんどすべてに顔を覗き込まれ、かわいいねー、中国人じゃないねー、目がおっきいねー、などと話しかけられ、写真まで勝手に撮られていきます。中国人、気軽に人に話しかけるね。
 Aちゃんはわからない言葉で話しかけられ、さわられ、写真まで撮られるのでかなり微妙そうです。
 
一人だとたぶん嫌になるところ、Yちゃんと2人なので競争したり遊んだりしながらサクサク登っていきます。
 
 途中雨になったりしながらも、景色はまあまあ見えたのでよかった。
f:id:kayoinberlin:20161014064255j:image
 
 
 
3日目は江蘇県、中国一綺麗な田園風景、らしい。
f:id:kayoinberlin:20161014064538j:image
 
 
古民家の二階で食事。中国はどこでもご飯が美味しくていい!ドイツの節約質素な食事に慣れた胃にしみます。
 
 f:id:kayoinberlin:20161014173321j:image
 
Aちゃんは慣れないせいか、ご飯しかほとんど食べない。。あと臭豆腐の匂いが苦手らしく、街の中ではくさい〜と顔をしかめてた。
 
街の全景
f:id:kayoinberlin:20161014173451j:image
 
江沢民の故郷にも。
f:id:kayoinberlin:20161014213952j:image
  3日目は古民家を使った民宿に宿泊
 
中庭で朝ごはん
f:id:kayoinberlin:20161020074454j:image
 
 
今日から国慶節、中国の連休が始まったので、観光地は激混み!
 
綺麗な村ですが、週末の竹下通り並みの混み方です。
f:id:kayoinberlin:20161020074539j:image
 
民宿のおじさんによれば、ここは投資家が村ごと買い取り、村人には新築の山の下の家を提供して全員移住させ、観光地にしたらしい。みんな喜んで移ったとか。まあそうだろうなー。山の上の古い家に住むのずいぶん大変だったろうし。センス良く綺麗な観光地になっていた。
f:id:kayoinberlin:20161022105026j:image
 観光客向けに手仕事をするおばさん。
 
村の後は付近を散歩。この辺りは菜の花が特産で、季節の時はとても綺麗+超混んでるらしい。
 
段々畑
 
f:id:kayoinberlin:20161022104712j:image
 
その夜は景徳鎮へ。
ちょうど若手作家による夜市をやっていて、かわいいカップを格安で買えた。
 
景徳鎮自体はいかにも中国の田舎の町、、って感じなんだけど、中心に陶器作家のギャラリーを中心にしたおしゃれエリアがある。周りとのあまりの落差にびっくり。
f:id:kayoinberlin:20161022105013j:image