読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン幼稚園

ベルリンでの日常と子育て

ピレネーオリアンタル-フランス、バルセロナ旅行① コリウール

温かい海を求めてやって来ました南フランスはピレネー山脈の東、ペルピニャン。Aは山に絶対行きたくて、私は海にどうしても行きたいので、海にも山にも近いこのへんで今年は休暇を過ごすことにしました。(同じ理由で去年はマヨルカ)。

 

ペルピニャンという街の近くのワイン畑のなかに、3ベットルームの家を一週間、Aの友だち夫婦と一緒に借りました。

私達以外は周りにほんとに何にもなくて静か、、、なはずが、近くに高速道路が通っていて、かなりうるさい!!きゃー、失敗!!今度からちゃんとチェックしよう・・・。でも別荘自体はとても綺麗で設備もよく、3ベットルームで一週間600ユーロだったので、まあよしとします・・・。一週間1家族300ユーロ。安い!この貸し別荘システム、ほんといつもありがたい。ホテルだと、子どもが寝てから大人が行くとこなくて寝るしかないんだけど、こういう家だとゆっくり夜を楽しめる。

 

初日はコリウールの市場へ。コリウールは、海辺の小さな街で、ピカソマティスもその美しさに魅了され、いくつも絵を残している、、らしい。

Aの友だちの奥さんはフランス人なので、マーケットもどきどきせず色々試したり替えたりするのが楽しい。フランスは食べ物がやっぱり美味しいし、食べることを貪欲に楽しもうとする文化があるのが、(元)グルメな私には嬉しい。長引くチェコとドイツ生活で、食べものに喜びを求めることをほとんど求めなくなっていた私の心を、美味しいさくさくしたクロワッサンやケーキが癒してくれました・・・。

その後は念願の海へ。なんだか年中ジャケットが手放せない北国に住んでいると、太陽と海のありがたさが身にしみます。しばしの遊泳を楽しむ・・・。って楽しんでいるのは私ぐらいで、みなあとは砂浜に寝転んでるか、水際でチャプチャプしているだけ・・・。ヨーロッパの人は、あんまりちゃんと泳げない人が多いなー、というのが印象。日本人は、私よりちょっと前から後の世代だと、みんな小中学校にプールがあって、夏は強制的に泳ぎを覚えさせられたから、そんなにカナヅチ、、、水が怖い、、、って人はいないと思うんだけど、こっちは結構います。うちの旦那もその友だちも、なんだか顔出して平泳ぎするのが精一杯。だから山に行きたがるんだな・・・。海泳ぐの楽しいのになー、もったいない。Aちゃんはちゃんとスイミングスクールに継続的にいれようっと。

 

海水浴を楽しんだ後は、街を散策。

 

色彩の豊かなこじんまりした、素敵な街でした。

今回、Aちゃんのベビーカーを一応持ってきたんだけど、この日は文句も言わずサクサクかなりの距離を歩き、びっくり。もうそろそろいらないかな・・・。