読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン幼稚園

ベルリンでの日常と子育て

KITA開始

2歳になったAちゃん、今日からとうとう幼稚園(KITA)開始! 慣らし保育初日です。 

なにげに入園前の保母さんとの面接等であんまりいい印象がなくて、 ドキドキ心配しながらの初日だったんだけど、結果的にはとてもよいスタートでした。 

当初、一クラス15人で2人保母さんと聞いていたので、「え、多すぎて目が届かないでしょう・・・」と心配していたのだけれど、蓋を開けてみれば15人から9人に減っていたので、保母さん一人あたり、4.5人を見る計算。これっくらいだったらアットホームで、皆に目も届くし、ほんとに安心・・・。 

保母さんはふたりとも50代で、さすがベテラン、子供の扱いが上手いし、一人ひとりによく目を配っている。子どもたちも、落ち着いて楽しく過ごしているようで、雰囲気がいい。 

Aちゃんはお部屋に入った瞬間、私にしがみついて、「あっちー、あっちー!」と出て行きたがったので、どうなることやら・・・、と思ったけど、本でつったらうまいことごまかされて機嫌が良くなり、そして大好きな木の野菜を伐るおもちゃを見つけ、それからはもうすっかり遊びに夢中。Aちゃんが遊んでいると、興味津々な子たちが寄ってきて、色々一緒に遊び始めたり。結局一時間半ぐらいいました。 

子供は、Aちゃんと同じぐらいの月齢の子が3人を筆頭として、あとは皆年下。 


この幼稚園を選んだ最大の理由はすごく大きな庭があること。 
それなのに、面接の時は「慣らし保育の期間は外にでない、その後は冬だからね・・・」と言われて、え???話が違う、と思っていたのだけど、人数が減ったおかげか、今日は歩ける3人を連れて一人の保母さんが外に出ていたので、それも安心。 

と、心配事が解消され、ほっとした一日でした。早く慣れてくれるといいなー。